外国人採用成功への道!サポートPRO活用法

FavoriteLoadingお気に入り

外国人を雇用するときに、色々と思い悩むことがあるのではないでしょうか。例えば、就労ビザ取得などの外国人関連の手続きのやり方や、日本語でのコミュニケーションがきちんと取れるのかなど多くの心配ごとがあることでしょう。

今回は、そのような悩みを持つ経営者の方や採用担当の方に向けて、株式会社しごとウェブが運営している外国人採用サポートPROについて、その活用法などをご紹介します。

この記事を読めば、これから外国人の雇用の際に生じる悩みが消えていくでしょう。

Contents

外国人採用成功への道!サポートPRO活用法

外国人採用をするためには、まず入社までに膨大で複雑な手続きを経ていかなければなりません。そのような大変な作業を自身で行うとなるといくら時間があっても足りないでしょう。さらに、他の業務にも支障が出てくるはずです。今回は、外国人採用でお悩みの採用担当者へ向けて外国人採用サポートPROの特徴や選ばれる理由、提供しているサービスについて説明していきます。

外国人採用サポートPROの特徴

外国人採用サポートPROは、以下の5つの特徴があります。

①外国人雇用の煩雑な手続きをサポートしてくれること

②身元がしっかりしている外国人のみを紹介していること

③紹介する外国人の日本語の能力も問題ないこと

④お仕事内容を細かくヒアリングした上で企業の求める人材を紹介していること

⑤稼ぎたいという明確な意志があるため労働者の働く意欲が盛んであること

これら①から⑤の経営者を含む採用担当が困っていることを全て解決してくれるのが外国人採用サポートPROです。

外国人採用サポートPROが選ばれる理由

外国人採用サポートが選ばれる理由は、下記の5つになります。

①やる気のある若手の人材を多く揃えていること

②素直でやる気のある外国人を紹介してくれること

③人材が欲しい企業に対して、まとめて人材を紹介していること

④採用が決まるまで一切の費用が発生しない完全成果型であること

⑤複雑な在留資格のサポートまでしてくれること

①や②の部分は、上記の外国人採用サポートPROの特徴というところでもお伝えしておりますが、やはり紹介してくれる外国人は皆やる気のある人ばかりです。

③まとまった人材を紹介してくれるところも外国人採用サポートPROの選ばれる理由の一つになります。しかも彼らは非常にチームワークが良いので現場の実務においては非常に扱い易いところが特徴です。

④の完全成果型というのは、入社が決まってから費用を支払えば良いということでここも選ばれる理由の1つでしょう。

⑤の在留資格のサポートをしてくれることも選ばれる理由の一つです。こちらに関しては、専門の行政書士の先生がサポートしてくれます。

提供されるサービス内容一覧

外国人採用サポートPROが提供してくれるサービス内容は、下記です。

①人材の紹介

②各種手続きのサポート

①の人材の紹介については、まず外国人採用サポートPROを導入してから担当のエージェントと打ち合わせをします。次に、興味のある人材が出てきた時に面接ができ、双方の合意のもとで入社が決まる流れです。

②各種手続きのサポートについては、就労ビザの確認や在留資格のサポートを行なってくれるものになります。これらの手続きは、自身で行うと非常にわかりにくいものなので、専門家が代わりにやってくれる外国人サポートPROは有難い存在です。

専門家による相談サポート

外国人サポートPROでは、外国人の方が入社するまでの間に専門家による各種手続きのサポートをうけることができます。これにより、雇用主は安心して外国人の方を雇い入れることができるのです。

外国人採用の基本知識

外国人採用のメリット・デメリット

ここでは、外国人採用のメリットとデメリットについて説明していきます。

まず、外国人採用のメリットに関しては下記4つです。

①優秀な若手の人材確保ができる

②訪日外国人への多言語対応ができる

③海外進出の足掛かりになる可能性があること

④斬新なアイデアによる活性化が期待できること

①に関しては、少子高齢化が進んでいる日本において海外の方であったとしても若くて労働意欲に溢れて優秀な人材を獲得できることは企業にとって大きいことでしょう。

外国人採用を強化していけば、理想の人材に巡り会えて企業の成長に繋がります。

②に関しては、接客業においてそのメリットを最大に発揮する傾向にあります。外国人を採用していくことによって海外から訪日した人に対して英語などの幅広い言語で対応することができるので、業績アップに直結していくはずです。政府も国の観光を政策の1つとして掲げています。コロナの影響はありましたが、また海外からの訪日客も戻ってきて今後増えてくるはずなので、大きいメリットと言えるでしょう。

③に関しては、海外のその国の文化や習慣に精通した外国人が働くので、もし企業が海外に進出する予定ができた時に、その外国籍の職員が先頭に立って海外進出の指揮をとれる可能性があるため、メリットに挙げさせて頂きました。

④に関しては、日本と違う風土の国で生まれ育った外国人だからこそ思いつく発想があるということです。この独自の発想を良い方向に生かすことができれば、企業の成長に繋がります。

次に、外国人採用のデメリットについては下記の4つです。

①文化や習慣の違いがあること

②コミュニケーションが取りにくいことがある

③入社の手続きが煩雑であること

④外国人の受け入れまでに時間がかかること

①に関しては、メリットのところでも説明したものの裏を返せば私たち日本人とは生まれ育った環境が全く異なるため、習慣や価値観の不一致が業務をしていく上でどうしても起こってしまうことでしょう。そうしたことにも管理する側が現場側の人間は対応していかないといけません。

②に関しては、①にも繋がる部分です。外国人採用サポートPROは日本語ができる外国人を紹介するといったものの、それでも彼らは海外の人のために日本語で誤ってしまうこともあります。その点についても理解してあげて一緒に働く必要があるでしょう。

③に関しては、本記事でも何度か説明している通り、海外の人の入社手続きは非常に分かりにくく複雑です。そのため自身で全てやろうとすると大変な時間的コストがかかりますので、専門家に依頼することがベストでしょう。

④に関しては、外国人の受け入れにはどうしても時間がかかってしまいます。なぜなら、ビザの発行や渡航までの時間を要するからです。このことを念頭に置いて外国人を雇用しないと大きなタイムラグを感じてしまうことでしょう。

外国人労働者のビザ・在留資格

外国人の労働者を雇うためには、前提として労働者のビザ取得と在留資格の取得が必要になります。

まず、就労ビザですが正式には就労ビザとは言わず正式には外国人が日本で働くために取得しなければならない在留資格が慣用的に就労ビザと呼ばれているだけなので注意が必要です。ビザは正式には査証と呼ばれており、本来の意味は「このパスポートは有効でこの人が入国しても問題はない」ということを示す証明となります。また査証は、入国の際に必要になる書類でパスポートに添付されるものです。

在留資格とは、外国人が日本での活動を認められる根拠になる資格になります。日本に在留することになった外国人は入国後に発行される在留資格の種類で活動可能な範囲や在留することができる期間(在留期間)が決定される仕組みです。

雇用手続き・行政書士の活用

何度も説明しているように外国人労働者を雇用していくには、複雑な手続きが多くあり一人で行うには膨大な時間がかかります。そのため、外国人労働者の雇用手続きには、その道の専門である行政書士を活用していくことは、もはや必須です。外国人採用サポートPROのような労働者の入社手続きまで手厚くサポートをしてくれる行政書士を見つけて活用していきましょう。

外国人採用の成功事例

IT業界で活躍する外国人エンジニアの事例

中小企業庁の「中小企業白書2019」によると調査対象となっている製造業、建設業、小売業、卸売業、サービス業の全ての業界において2009年以降人手不足が続いています。そのような中で地方で地方で製造業を営む企業でベトナム人などの有名大学で機電系の専門知識を保有しているエンジニアを新卒採用したりしている例が出ています。今後も、ますます新卒・中途採用を問わず海外の優秀な技術者が増えていくことでしょう。

研修制度を活用した技能実習生の事例

外国人の技能実習生の中でも様々な研修制度を活用して活躍の道を広げた方も多くいます。

よくある質問Q&A

ビザや在留資格の更新・変更手続き

外国から雇い入れた人を雇用し続ける上で避けて通れなくなるのがビザ(在留資格)の更新や変更の手続きです。

外国人の在留資格は、在留期間がありその在留期間が満期になる前に在留期間を更新する手続きを踏まないといけません。こちらは法務省出入国管理庁の在留期間の更新の解説ページに詳細に記載されており、在留期間の更新のことは入管法第21条で定められています。

在留資格の変更とは、いずれかに該当する在留資格で在留している外国人が在留目的とする活動を変更して別の在留資格に該当する活動を行おうとする場合に新しい在留資格に変更することを指します。これに関しても出入国管理庁の定める手続きを踏まないといけません。

言語やコミュニケーションの対策方法

外国人労働者を雇用した時に、お互いの言葉の壁でぶつかった経験がある人は少なくないのではないでしょうか。

外国人労働者と言葉だけで通じ合おうとすると、なかなか難しい場面が増えてきます。そのような時は、ツールを使ったりジェスチャーを用いて会話をすると良いでしょう。

また、口頭で伝わらない時は筆談、翻訳アプリ、電子辞書などを予め用意しておくと有効なので、一度備えてみてください。

外国人採用サポートPROを利用するまとめ

外国人を採用するときは、入社するまでの間や入社してからも多くの手続きなどで困ることが出てくるでしょう。

そんな時は、一度外国人採用サポートPROを活用することを検討してみてはいかがでしょうか。


Click to rate this post!
[Total: 0 Average: 0]

Follow Me

SNSで共有