KAJITORIの評判は? 特徴やサービスについて紹介!

FavoriteLoadingお気に入り

近年、終身雇用制度が徐々に薄れてきている中、どのように生活をしていくのか悩まされている方も多いのではないでしょうか。

また、徐々に税金も増えてきており、2002年から2017年の間に額面年収500万円の人は35万円、700万円の人はなんと50万円も手取り金額が減少しています。

一方、平均年収は2008年で439万円、2018年では433万円でほぼ横ばいです。これでは実質の手取りは下がっていて生活は苦しくなっていく一方でしょう。そのため、これからは本業とは別にお金を稼ぐ方法を作り出すのが、重要になっていきます。

Webライティングやせどり、Youtuberなど様々な選択肢がありますが、今回紹介するKAJITORIは商品の企画から仕入、販売までを行うネットショップの自立を支援するOEM販売コンサルティングサービスになります。ここでは、KAJITORIのサービスや特徴などを紹介します。

Contents

KAJITORIとは

まずはKAJITORIというサービスを聞いたことがない方も多いのではないでしょうか。

ここではKAJITORIについて簡単に紹介いたします。KAJITORIは2022年7月1日に正式にサービスを開始したOEM販売コンサルティングサービスです。

講師の方がKAJITORIサービスを利用して独立を達成したということで、安心して利用できるサービスと言えるでしょう。

また、KAJITORIでは各種SNSを行っているので、気になる方は確認してみましょう。

Twitterはこちら】

Instagramはこちら】

Facebookはこちら】

KAJITORIのサービス

ここではKAJITORIのサービスを紹介します。

OEM販売コンサルティングサービスで探してみると、KAJITORI以外にも様々な会社が出てきます。その中にはあまり信頼できなそうな会社も存在します。

実際、KAJITORIにはどのようなサービスを提供しているのか、他のOEM販売コンサルティングサービス会社とは何が違うのか紹介します。

まず、KAJITORIのサービスには以下のようなものがあります。

専任講師によるオンラインサポート

専任講師とマンツーマンでレッスンを受けることができ、ご自身が企画した商品のフィードバックなどを受けることができます。

また、商品の検討で行き詰っている場合には視点をどのように変更するのか、他の方法で市場調査をしてみたらどうか等多彩なアドバイスを受けることも可能です。

週3回開催されるグループコンサルティング

週3回集団でのグループコンサルティングを行っています。

なんでも質問してよい雰囲気があり、基本的なことから分かりやすく丁寧に教えてもらうことができます。

オンライン動画コンテンツ

過去の勉強会の内容などを配信しており、基礎的な内容を事前に把握しておくことが可能です。

特に、この中でも着目するべき点はレッスンの多さと他の受講者とのコミュニケーションなのではないでしょうか。他の多くのOEM販売コンサルティングサービス会社の場合、レッスンが週一回、場合によっては月一回しかないというところも少なくありません。

また、集団でレッスンを受けることで他の受講者がいるということや他の受講者が何を考えているかを把握することができ、モチベーションアップにも繫がるのではないでしょうか。

このような多彩で多量のコンテンツを提供しているところが他のOEM販売コンサルティングサービスとは一線を画すところだと思います。

KAJITORIが目指す目標

KAJITORIが受講者と一緒に目指す目標は、何でしょうか。

それは「会社に依存せず、個人で収入を得ることができる人材になる」ということです。

現在、終身雇用制度が徐々に薄れてきており、フリーランスという働き方が着目されつつある状況です。しかし、実際にフリーランスとして働いている人はそれほど多くはありません。まずは副業でも良いから、会社に依存せずに個人でお金を稼ぐ手段を作り上げていくことが大切です。

その結果、徐々にスキルが身についてきて、収益が上がっていき最終的には自分の力だけで会社員と同等あるいはそれ以上の収入を得ることができるでしょう。そのようにして自分の力で収入を得ることができる人材というのが今後も活躍し続けることになります。

KAJITORIはEコマースに対して自分で収入を得ていくスキル習得が可能なサービスを提供しており、受講者を個人で生き抜くことのできる人材へ導いていくことを目標としております。

そのための具体的な数値目標が「お客様の収益は20万円~50万円」になることです。KAJITORIでは20万円~50万円という数値がお客様が独立に必要な収益水準と考え、お客様を全面的にサポートする体制を取っております。

KAJITORIのカリキュラム

KAJITORIのカリキュラムは、どのようになっているのでしょうか。ここではカリキュラムの流れを具体的に紹介します。

個別カウンセリング

まず始めに講師の方と個別にカウンセリングを行います。KAJITORIで何を学んでいきたいのか、どれくらいの収益をあげることを目指しているのか、その結果、どのようなライフプランを考えているのか、ヒアリングを行います。

このタイミングからKAJITORIのカリキュラムは始まっていて、受講者が想定している収益目標で理想のライフプランが送れるか、KAJITORIのサポート内でどこまでの収益をあげることを目指すのか等、具体的なアドバイスをいただけます。

このようにして丁寧に目標設定や講師の方との認識合わせを行うことで挫折せずに目標に向かって突き進むことができるようになります。

動画教材と講師陣によるオンラインサポート

一通りカウンセリングが終わったら、まずは基礎編の学習です。OEM販売と言われると何から始めるべきなのか、何を学ぶべきなのか、まったく分からない人も多いでしょう。

KAJITORIでは受講者の時間を有効に使ってもらうため週1回の講師とのレッスンだけでなく、動画教材でも勉強できるような体制を取っています。動画教材を確認しながら、分からないことをまとめつつ講師の方とのレッスンに臨む方式でも良いですし、まずは講師の方からレッスンをしていただいて隙間時間で動画を確認して復習を行う方式でも良いです。

受講者の学びやすい方法や空いている時間を最大限に活用した効率の良いオンラインレッスンを受けることができます。

実際に商品の仕入れ、販売を経験

実際にある程度知識が身についてきたら、KAJITORIのカリキュラムは終わり。あとは受講者ご自身で頑張ってください。ということでは全くありません。KAJITORIでは実践編も手厚くサポートしています。

まずは受講者が企画した商品、これが利益がでる商品なのかどうかを講師陣がこれまでの経験とファクトから判断をし、アドバイスを行います。

受講者が納得した時点で「自己責任で」仕入・販売を行います。この「自己責任で」というところは非常に重要です。実際に自らOEM販売を行うと誰も助けてくれません。

そのため、最初から自分の資産をコントロールして、リスク管理をするということを学ばせるのです。それが独立までの最短ルートであるとKAJITORIは考えています。

また、このタイミングではグループコンサルティングも有効でしょう。グループコンサルティングでつまずいているところに対して的確にアドバイスを受けることができます。

新たなビジネスのスタートへ

商品企画から仕入・販売までを繰り返し、当初の目標とする収益水準をクリアしたら、いよいよ卒業です。

このまま副業として、ご自身のビジネスを続けても良いですし、フリーランスとして独立するという選択肢もあるでしょう。ここまでくると十分にスキルが身についていて、会社に依存しない働き方も実現できているはずです。

自分の理想のライフプランを目指して、挑戦を続けることができるようになるでしょう。

KAJITORIのサポート内容

KAJITORIのサービスは「専任講師によるオンラインサポート」、「週3回開催されるグループコンサルティング」、「オンライン動画コンテンツ」の3つだけではありません。

他にも様々なサポート体制が用意されています。ここではKAJITORIのサポート内容を紹介します。

オンラインチャットサポート

KAJITORIでは24時間対応可能なオンラインチャットサポートを設けています。他のOEM販売コンサルティングサービスでは講師とのレッスンのタイミングでしか質問ができない、質問しても返信がくるのが遅いなんていうことがよくあります。

しかし、KAJITORIでは24時間オンラインチャットサポートが開いていて、いつでも質問することができます。そのため、緊急度の高い質問を投げてもすぐに返信がきて、対応に困ることがありません。

『志』で繋がるコミュニティの提供

OEM販売というのは、市場調査や商品企画など泥臭い作業が中心です。

こうなってくるとモチベーションを維持するのも大変だと思います。KAJITORIではグループコンサルティングで仲間がいるんだという安心感を与えてくれるとともに、時折、受講者の懇親会などを開催し、同じ目標をもった人が集まるコミュニティの場を提供しています。

これにより、受講者はモチベーションを低下させずに継続的に目標に向かって歩んでいくことができます。

その結果、KAJITORIの受講者のうち、長期的な収入を継続できているのは92%にも及びます。

独立起業後のアフターサポート

KAJITORIは独立して起業した後のアフターサポートも充実しています。開業届や会社設立、資金調達など、独立当初は困る方も多いでしょう。

KAJITORIではこれらの独立に関する困りごとに対して、それぞれ専門家を紹介しています。

これにより、独立してからも何か困ったら安心してKAJITORIを頼ることができます。

KAJITORIの評判

ここではKAJITORIの受講者の方のインタビューから得られたKAJITORIの評判を紹介します。

評判1:初心者でも安心

KAJITORIではグループコンサルティングの場でも、個人レッスンの場でも「何を聞いてもいい空気感」があります。特にグループコンサルティングの場では、周りの人たちが初歩的なことでもなんでも質問するので「こんなこと聞いちゃダメかな?」と心配せずに聞きたいことを聞けるのがありがたかったそうです。

始めは誰でも初心者なので確かに困るところです。特に未知な業界・副業ではなおさらです。そんな中、「何を聞いてもいい空気感」があると、初心者でも安心して受講することができますね。

会員インタビュー企画第一弾はこちら】

評判2:丁寧に教えてくれる

講師の人たちは全員、真摯に受講者の課題に向き合ってくれて、商品企画では経験に基づいた鮮度の高いアドバイスを頂けて助かっていますとのことです。グループコンサルティングと個別レッスンで週4回もレッスンを受けられるKAJITORIは受講者の一人ひとりを丁寧にサポートしてくれます。

その一方、注意点もあるようで、気づいたら「勉強会の添削で合格をもらうことがゴール」だと思ってしまっていた時期があるとのこと。手厚いサポートを受けられるがゆえの注意点ですね。目的は何かを常に考えるようにしましょう。

【会員インタビュー企画第二弾はこちら】

評判3:始めやすい

KAJITORIは始めやすいとの声もありました。始めたきかっけはYoutubeの広告で、なんとなく自分が興味を持てる副業を探していた時期にAmazonで商品を販売するのってなんか「いいな」と思って入会したそうです。入会すると、KAJITORIで教わる内容やノウハウを知って、「これはすごいぞ!」と思うようになったとのことで、それから積極的になり、2か月で2商品を出品したとのことです。

OEM販売はまず商品の仕入が必要なため、一定の資金がなければ始められません。しかし、スモールスタートを切ればわずかな元手でも十分可能です。また、KAJITORIには気軽に始めた人でも惹きつけるサービスがあることが分かります。

会員インタビュー企画第三弾はこちら】

まとめ

ここまでOEM販売コンサルティングサービスのKAJITORIのサービス内容やサポート体制、受講者の評判などを紹介しました。

ここ1年で物価が3.6%も上昇し、今後も上昇傾向が続きそうな日本ですが、その一方で給料の伸び率はごくわずか、税金も徐々に上がってきており、普通に生活をしているだけでは使えるお金がどんどん減ってしまいます。

そのために今後は会社だけではなく、第二の収入減を確保しなければなりません。特にOEM販売は副業だけでなく、最終的には独立をしてフリーランスとして働くチャンスにもなります。

KAJITORIは個別レッスンとグループコンサルティング、合わせて週4回のレッスンを受けられる他、様々なサポートを提供していて、継続して続けられる環境が整っていると感じました。興味がある方は、この機会にOEM販売にチャレンジしてみても良いでしょう。

KAJITORIのサービスページはこちら】

Click to rate this post!
[Total: 0 Average: 0]

Follow Me

SNSで共有