クラウド型電子契約のGreat Signを他よりわかりやすく紹介!

FavoriteLoadingお気に入り

Contents

Great Signとは?

 Great Signは、株式会社TREASURYが運営するクラウド型の電子契約サービスです。サービスは、電子署名法・電子帳簿保存法・e文書法の関連法案に準拠しているため、安心して利用することができます。

事業内容・クラウド型電子契約サービス
・公的個人認証による本人確認サービスを活用してデジタルトランスフォーメーション事業とWEB広告事業


本社東京都渋谷区神宮前1-5-8
神宮前タワービルディング14階
設立1996年
資本金6,000万円
代表者山下 誠路

 近年は、紙の契約書も減っては来ている傾向にありますが、未だに紙で契約書に捺印してPDFにして、メールか郵送で契約書のやり取りをしていませんか?

 ベンチャーや中小企業・大企業と関係なく契約書を未だに紙で扱っている会社は、多いような印象を受けています。しかし、紙でやり取りする理由もわからなくもないです。

 パソコンで既に作成した契約書を印刷して捺印して、メールか郵送するだけなので事務手続きとしてはそこまで大変ではありません。しかし、ITが発展してきた世の中で今後確実に紙での契約書やり取りは激減していきます。理由は、クラウド型の電子契約サービスを運営する会社が増えてきているため知名度と信頼が市場に構築されつつあるからです。そのサイトの一つであるGreat Signについて説明していきます。

電子契約書の特徴

お名前.com

 紙で契約書を作成する場合は、契約書のひな形を作成して弁護士に相談してなど様々な手間と時間がかかります。さらに、保管や過去のデータを紙で保存していれば探すのが一苦労になるのは目に見えています。

 そこで、近年クラウド型の電子契約書を運営する会社が増えてきているのです。電子契約書を導入するメリットについて3つ挙げてみます。

コストカット

 一番わかりやすい特徴だと思いますが、紙を使用しなくなるため「紙」「インク」「印刷する人件費」がなくなります。確かに、紙・インク・人件費は契約書1枚だけでは数円~数百円程度にしかなりません。しかし、それを会社が存続し続ける限り続けるのであればそれなりのコストがかかることは、容易に想像することができます。

保管スペースの縮小

 データベースで契約書を保管することになるので、余計なコストや手間が削減できて保管場所も必要ありません。また、過去の契約書が必要になった場合すぐに検索もできるので、他の内部の人と共有しやすく作業効率も格段に上がります。

時間の削減

 時間を削減できる理由としては、2つ考えられます。まず、契約書のひな形を作成する必要がないことです。契約書のひな形は、作成するだけでは法的な要件を満たしているか不明瞭なので弁護士に確認を入れる必要があります。ここで、1ヶ月くらい時間が取られます。

 次に、契約書をクライアントとやり取りするときに細かい時間が奪われます。契約書を印刷して捺印したり郵送したりPDFにしたりと細かい作業で大したことはありませんが、それでも1時間程度は合計で取られると考えた方がよいでしょう。

電子契約書の作成

 電子契約書の作成は、とてもシンプルに構成されています。また、基本的にどの電子契約書も同じような作成手順になります。

コラム

 Great Signがサイトに掲載しているコラムで電子契約書ってこんな感じなんだ!など気になったコラムを3つ紹介します。

導入実績

 導入実績のある会社は、一般企業ならず税理士事務所や会計事務所などが使用しています。Great Signをご検討の事業者もしくは個人事業主がいましたら、LINEかお問合せからご連絡ください。担当者が説明いたします。

 Greate Signについてもっと知りたい方は【ブログ】クラウド型電子契約サービスGreat Signの活用方法とは?を参照ください。

初めて火災保険に加入するならまずは診断を!(無料)
友だち追加
Click to rate this post!
[Total: 0 Average: 0]

Follow Me

SNSで共有

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です