クラウド型電子契約サービスGreat Signの活用方法とは?

FavoriteLoadingお気に入り

Contents

Great Signとは?

 Great Signは、株式会社TREASURYが運営するクラウド型の電子契約サービスです。サービスの特徴や作成方法については、【ブログ】クラウド型電子契約のGreat Signを他よりわかりやすく紹介!をご参照ください!

 簡単に説明すると、紙で契約書使わずに全て電子で済ませようということです。ここでは、業種別の活用事例について記載していきます。

 是非、あてはまる活用方法があれば参考にしていただき、もう少し説明を聞きたいということであれば下記からLINEでお問合せもしくは、ブログのトップページにあるお問合せからご連絡ください!

業種別の活用事例を詳しく解説

通信業

 通信業では、代理店構築の際に締結する秘密保持契約書、代理店契約書、紹介店契約書などの契約書の締結頻度が非常に高い業種にあります。会社・従業員・クライアントなどの相関図は、以下のようになります。

 また、活用後のメリットを順位形式で挙げてみます。

締結時間の短縮

 紙を用いた契約締結は、平均で2週間かかります。しかし、電子契約書を用いれば、平均1~3営業日はかかっていますが、契約書に不備がないものであれば最速10分で契約締結完了することができます。

対応漏れの改善

 契約書の発送漏れや、進捗が追いきれなく対応漏れのクレームが発生するケースが多くあります。ですが、締結の進捗が一覧として表示されるため常にチェックをすることが可能になり、対応漏れがなくなります。

人件費削減

 契約書を印刷・ホチキス止め・製本・押印・封入・郵送・スキャニングと誓約書の製本時間は、平均20分と言われています。しかし、電子契約書であればPDFでアップロード・メール送信・電子署名なので平均して1分/件程度の作業量で終了します。

契約書の原本回収コスト削減

 発注書に捺印して、返送しますが捺印して返送するのも手間とコストがかかります。また、人間が作業をしているので回収を忘れたり原本が行方不明になるケースもあります。

 電子契約書では、発注書と発注請求書を同時に同意を得られ契約が成立するため回収率を上げることができます

保管コストの削減

 契約書関連は、事務所の書棚に保管しており保管場所の確保が難しいことも多々あります。また、保管場所があったとしてもスペース確保に苦労することは目に見えています。しかし、電子契約書ではクラウド上に永年保管のため、保管コストは0円です!!

未経験からも可能【CHATSTYLE】

ビル清掃

ビルの清掃業の申し込みは、業務委託契約書で締結しています。清掃範囲の変更があった場合、都度業務委託契約を締結しているため、契約書の数が多く印紙代もかかっています。

 さらに、実際に清掃作業をしているフランチャイズ加盟者とは「FC加盟店契約書」を締結しています。印紙代が高価なため、契約書を電子化することでコスト面でメリットがあります。ビルのオーナー・個人事業主・ビル清掃会社の相関図は、以下のようになります。

他の活用例

 他の活用例を知りたいという 事業者もしくは個人事業主がいましたら、LINEかお問合せからご連絡ください。

オンライン説明会にて説明いたします。

友だち追加
Click to rate this post!
[Total: 0 Average: 0]

Follow Me

SNSで共有

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です