退職代行サービスはどこを利用したらよい? 退職代行CLEARの特徴やメリットを紹介

FavoriteLoadingお気に入り

今勤めている会社の退職をする際、自分で退職までの手続きを行う方が多いと思います。

しかし、最近では退職までの様々な手続きを代行して行なってくれる、「退職代行サービス」を利用される方も増えています。

ここでは、退職代行サービスとはどういったサービスなのか、失敗しないための注意点やおすすめの退職代行サービスである「退職代行CLEAR」について紹介します。

参考:【退職代行サービス】利用者の約7割が「20代」 勤続年数が「1年未満」の割合も高く(まいどなニュース)

Contents

退職代行とは?

退職代行とは、退職手続きを依頼者に代行して行うことを指します。

退職代行サービスでは、依頼者に代わり企業に対して依頼者の退職の意向を伝えます。

交渉権を持っている労働組合や弁護士に依頼した場合は、依頼者の退職の意向の連絡だけでなく、退職に関する会社との交渉も行なってくれます。

会社を辞めたいけれど辞めることができない、辞めさせてもらえないといった悩みを持つ依頼者に代わり退職手続きを代行して行なってくれるため、退職までスムーズに行えます。

民法第627条第1項の規定により、退職の意向を企業に伝えた2週間後に退職が完了します(※1)。

上記の手続きを行い退職をする場合は、職務怠慢や犯罪行為等の合理的な理由を有さない限り、懲戒免職や懲戒解雇となることはありません。

仮に、就業規則に2週間よりも前に退職の意向を伝える旨が記載されていた場合も、一般的に民法の規定が優先されます。

※1:6ヶ月以上の期間で報酬が決まっている年俸制などの場合は、退職の意向は退職日の3ヶ月前までに伝える必要があります。

また、雇用期間が規定されている場合は民法第626条または第628条が適用されます。

参考:厚生労働省:労働政策審議会労働条件分科会 第49回資料

退職代行で失敗しないためには?

退職代行を利用するにあたって、失敗しないための注意点について紹介します。

退職代行の利用料金についてあらかじめ確認しておこう

退職代行サービスの利用料金が想像よりも高額だったり、最終的に高額となってしまったため、利用を後悔するケースがあります。

  • 料金後払いの退職代行業者を利用したら、想定以上の代金を請求された
  • 費用の支払いを行なった後から、急に業者の対応が悪なった

こういった費用に関するトラブルの体験談が見られました。

退職日が遅くなってしまい、費用に見合ったサービスを受けられなかったと感じてしまったといった利用者の体験談もありました。

費用面で退職代行サービスの利用を後悔することのないように、受けられるサービスや料金に関する詳細を、事前に確認しておくことが大切です、

悪質業者に気をつけよう

退職代行業者の利用者の中には、悪質な業者に依頼してしまったために、以下のようなトラブルに見舞われた人もいます。

  • 先払いで代金を支払ったが、支払い後に連絡がつかなくなり代行サービスを受けられなかった
  • 退職の手続きが完了した後、説明のなかった高額な手数料の請求が発生した

悪質業者の多くは、知名度や公表されている実績の乏しい点が特徴と言われています。特に、費用の安さを重視して退職代行サービスを探すと、トラブルに見舞われるケースが多いため注意しましょう。

参考:退職代行で後悔?実際にあった後悔したケースと良かったという体験談を大公開!

退職代行CLEARとは?

おすすめの退職代行業者として、退職代行CLEARの紹介をします。

退職代行CLEARって?

退職代行CLEARは、東京都労働委員会から認証を受けた法適合の労働組合が運営する退職代行サービスです。依頼者の代理として退職に必要となる連絡やそれに伴う交渉を代行して行なってくれます。また、退職連絡後も、組合員期間であればLINEアプリを利用したトークや無料通話、メールによる相談・対応を回数無制限で行なってくれます。

参考:退職代行 CLEAR

退職代行CLEARと他の退職代行サービスの違い

株式会社や弁護士監修などの一般法人の退職代行の場合、手続きを簡単に行うことができ、比較的費用を抑えて退職代行を依頼することが可能です。しかし、弁護士法第72条の規定により、弁護士または弁護士法人でないものは、代理交渉を行うことができません。そのため、交渉は依頼者自身で行う必要があり、仮に代理交渉サービスがあるとうたっている業者は、違法性が高くリスクがあります。

弁護士に退職代行を依頼することで、弁護士法第七十二条の規定をクリアすることはできます。しかし、弁護士の人件費により費用が費用が高くなってしまったり、弁護士の職務倫理規定で事前に詳細なヒヤリングが必要なため、実際に退職できるまでに時間がかかります。

一方、労働組合が運営している退職代行CLEARは、労働組合法第6条の規定により労働者のための代理交渉を行うことができる権利を持っています。この権利により、合法的に依頼者に代わって企業との交渉を行うことができます。また、日本国憲法第28条で保障されている権利のため、企業はこの交渉を拒否することができません。

労働組合は、弁護士のような職務規定がないため、手続きも簡単に行うことができ、費用も一般法人と同程度の人件費に抑えることができます。

退職の際の会社への連絡はすべて代行してもらえ、必要書類の提出や貸与物の返却なども郵送で行うことができるため、退職まで職場の人と顔をあわせることなく行うことができます。

参考:弁護士法 | e-Gov法令検索

労働組合 |厚生労働省

退職代行CLEARの退職代行費用

正社員・派遣・契約社員18,000円
アルバイト・パート11,000円

(税込)

どんな人におすすめ?

退職代行CLEARは、退職を確実かつスムーズに行いたいけれど、費用はできるだけ抑えたいと考えている方におすすめのサービスです。

一般法人は費用を抑えられ手続きも簡単ですが、代理交渉ができないためにトラブルとなり、最悪の場合損害賠償や懲戒解雇となってしまうケースもあります。

また、悪徳企業も多く、費用だけ取られて退職はできなかったり、退職はできたけれど想定よりも高額な費用がかかってしまったといったトラブルも枚挙にいとまがありません。

弁護士事務所に依頼する場合は、確実に退職を行うことができますが、その分費用と時間がかかってしまいます。

法適合の労働組合が運営する退職代行CLEARは、一般法人と弁護士事務所のいいとこ取りをしたサービスです。

退職代行費用を抑えることができ、法律に則り企業との交渉を行うため、合法的に退職することができます。また、退職に際して企業から嫌がらせのようなことを受けた場合も、事件の概要を公表して社会的な制裁を与えたり、団体交渉により経営者の追求も行うことができるため安心です。

仮に、退職代行CLEARに依頼して退職をすることができなかった場合も、費用は全額返金保証をしてくれるため、費用面でも安心ができます。

まとめ

今回は、退職代行サービスとはどういったサービスなのか、失敗しないための注意点やおすすめの退職代行サービスについて紹介しました。

退職代行サービスは、スムーズに退職を行いたい方に向いているサービスです。しかし、悪徳業者も多く、退職代行サービス利用の失敗談なども多く聞きます。

そのため、実際に依頼するなら法適合の労働組合や弁護士事務所が良いでしょう。

退職代行サービスを検討している方は、LINEのトークや無料通話、メールといった手軽な方法で無料相談が行える退職代行CLEARに質問や要望を相談してみてはいかがでしょうか。

Click to rate this post!
[Total: 0 Average: 0]

Follow Me

SNSで共有